読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想空間24時

頭の中をよぎることあれこれ。

濱田岳と浅利陽介の違いが最近やっとわかりようになりました

世間でも兄弟では?などと言われるくらい似ているお二人。

 

いままで私の中で、微妙にごっちゃになっていた「濱田岳さん」と「浅利陽介さん」。

 

濱田さんはここ数年、auの三太郎シリーズですっかり有名ですが、それでもドラマなどにちょっと出ていると、浅利陽介さんとの判別がちゃんとできていなかったいいかげんな私。

 

そんな私ですがここ数ヶ月できっちりお二人の区別がつくようになりました。

 

濱田さんは、伊坂幸太郎さんの小説の映画化作品にたくさん出演されていたので、結構以前から味のある役者さんだなあと思ってみていました。(濱田岳という名前は確認していませんでしたが…)

 

ということは、よく似たタイプの浅利さんが出演されている映画やドラマをみても、もしかして今までは「あ、またあの役者さんでてる(このときは濱田さんを思い浮かべている)」とスルーしていたことになります。浅利さんすみません。

 

ところがここ最近、浅利陽介さんが「相棒15」のレギュラーになったじゃないですか!

 

レギュラーになる前の昨年度に放映された「相棒14」の中で、浅利さんは、目撃者なのに警察嫌いなので証言をしたがらない性格の悪い男を演じていました。

そのとき初めて私の中で「ああ、金ちゃん(濱田さん)に似た俳優さんって浅利陽介っていうのね」と認識したわけです。

まさかそのままの役で、次年度のレギュラーになるとは思いもしませんでしたが。

 

また当時放映されていた「怪盗探偵山猫」でも、始めは優しい良い人だけど、後に豹変してひどい悪党になる役を演じるなど、私の中では悪役のイメージとして固まってきたわけです。

 

その後も真田丸では小早川秀秋(裏切り者)を演じており、ますます悪役で間違いない!

 

浅利さんのほほの傷も、なんだか悪役らしく感じられますよね。

 

一見まじめで良い人そうだけど、実は結構なワルだったりヤバい人だったりと表裏のある役だったらそれは浅利陽介さんですよ。

 

一方の濱田岳さんは危ない人を演じても、ゴールデンスランバーのキルヲみたいに、結局なんかいい感じで終わるみたいな良い人キャラですね。

 

私の中で、今更ながらこんな風にざっくりと分類できました。

 

これからはもう間違えないです。

 

そして、お二人ともなかなかに面白い役者さんなので、私の中でのポイントは高いです。

 

特に最近では「相棒15」でレギュラーとなった浅利さんが、仲間の様な顔をして、実は特命係を壊そうとしている展開から目が離せません。

 

相棒に出ているのは浅利陽介

 

auの金太郎は濱田岳

 

これでもうばっちり!(私の中ではね☆)